会社設立 会社設立費用全額カード決済可能!!
TEL.03-3586-1520/info@sin-kaisha.jp
会社設立
お問合せ

ハロウィンビジネスと起業

トップ画像

今年の10月30日の日曜日、東京・渋谷の街はさまざまなキャラクターの仮装をまとった若者であふれかえりました。 ハロウィン関連の経済規模は1,300億円を超え、バレンタインデーを超えるイベントに成長。ハロウィン市場は今後も拡大すると予測されており、クリスマス市場を超える可能性もあると見られています。

(参照:FAST JAPAN)

 

目次

  1. 1 市場規模でバレンタインを抜く
  2. 2 渋谷のハロウィン見たさに外国人が来日!?
  3. 3 ハロウィンイベントをビジネスチャンスと捉えた会社の例
  4. 3-1 東急ハンズやドン・キホーテの場合
  5. 3-2 株式会社ジェイ・ビーの場合
  6. 3-3 アキバカートの場合

 

1 市場規模でバレンタインを抜く

日本記念日協会によれば、イベントは毎年その市場規模を拡大させ、2016年に約1345億円となり、バレンタインデーの約1080億円をはじめて抜きました。

 

各年のハロウィンとバレンタインデーの市場規模/p>

 

ハロウィン バレンタインデー
2012年 約805億円 約1380億円
2013年 約1005億円 約1310億円
2014年 約1100億円 不明(当初は1080億円としていたが、大雪などの異常天候を理由に比較対象から外された)
2015年 約1220億円 約1250億円
2016年 約1345億円 約1340億円

(参照:日本記念日協会)

 

2011年の時点では、ハロウィンは560億円ほどの市場規模だったにもかかわらず、4年で2倍以上にまで膨れあがったことになります。

 

博報堂行動デザイン研究所は、市場規模が拡大した理由について、ハロウィンの祝い事を楽しむ習慣は2008年頃から定着してきたとし、そこに、映画「アナと雪の女王」や日本独自のコスプレ文化、フェイスブックやツイッターを始めとするSNSがうまくハマり、相乗効果を発揮したのではないかと見ています。

(参照:Kabutan

 

2 渋谷のハロウィン見たさに外国人が来日!?

外国人旅行者数

 

(参照:観光庁HP

 

外国人旅行者数が年間2000万人に迫るなか、大人が楽しめる日本独自のハロウィンに、外国人も興味を示しています。

 

欧米でのハロウィンはかぼちゃの飾り物を作ったり、子どもがお化けや魔女の仮装をし、家々を回ってお菓子をもらったりするのが一般的です。 一方、日本のハロウィンは10代後半から20代後半までの若者が仮装パーディーを楽しむものとなっており、これがSNS上で独特で面白いと海外にまで拡散。今や「渋谷のハロウィン」を目当てに外国人観光客が訪れるようになりました。

 

以下は渋谷のハロウィンを見た外国人のコメントです。

 

どうして私は日本に住んでないんだー!!ハロウィン向けのコスチュームの準備だけは万端なのに!(アメリカ)

チャンスがあるなら絶対この時期の日本に行くべき。世界最高のハロウィンを体験できるから……。(オランダ)

日本に戻りたい。戻りたすぎて涙がちょちょぎれそう(ベトナム)

去年行ってきたけど、盛り上がりがすごかった!台湾も日本みたいになってほしいなぁ T_T来年か再来年にでもまたハロウィンの季節に行きたい!(台湾)

ハロウィンの時期のトウキョウは、魔法をかけられたかのような雰囲気になるね!(ブラジル)

とりあえずオーストラリアのハロウィンとは違って、日本人は楽しい時間を送れているようね?(オーストラリア)

日本のハロウィンは楽しさとお金を生む。……良いことだらけだと思うけどね。(フィリピン)

オーマイガーッ!!ああいう雰囲気は日本でしかあり得ないと思う。(メキシコ)

日本でしか見られない光景が続々誕生しやがる……。(イギリス)

(引用元:海外の反応

 

3 ハロウィンイベントをビジネスチャンスと捉えた会社の例

ハロウィンの市場拡大とともに、関連業界・企業は、商品販売戦略に力を注いでいるようです。また、ハロウィンならではの変わったサービスを提供する会社も登場しました。

 

3-1 東急ハンズやドン・キホーテの場合

 

各アパレルや小物系の小売店はハロウィンに備えて、仮装用の衣装や小物、メーク用品などハロウィングッズを大量に発注。東急ハンズやドン・キホーテなどの有名店も独自にイベントを開くなど、万全の体制を整えます。

 

3-2 株式会社ジェイ・ビーの場合

 

株式会社ジェイ・ビーは数量限定でハロウィン専用シューズを販売。ウェブ上では専用の販売ページを開設するなど力を入れています。

(参照:PRTIMES

 

3-3 アキバカートの場合

アキバカートは、2012年に日本で初めてレンタルカートの専門店を秋葉原に出した会社です。道路交通法では、カートはミニカー扱いのため、ヘルメット・シートベルト不要で行動を走ることができます。(参照:アキバカート

 

アキバカートは色とりどりのカートを取り揃えており、コスプレをして運転すれば、人気ゲーム「マリオカート」さながらの世界観を演出することができます。これが外国人に大ウケで、ハロウィン当日には利用者が殺到。外国人旅行者の団体がカートで走る光景は、渋谷ハロウィンの名物となりました。

 

カート

 

ハロウィンは、クリスマスとは違って日本にはなじまないと言われてきましたが、見事にローカライズされて定着しました。ただ、全国的に定着したとは言えません。コスプレをして街を練り歩く現象は、渋谷、吉祥寺、川崎などの繁華街に限られます。そういう意味では、市場拡大の余地が残されているため、さらなるビジネスチャンスにも期待ができそうです。

 


▲トップにもどる
© WOOROM All Rights Reserved 新会社設立